夢の一戸建て

模型

マイホームを購入する際に、その購入代金全額をキャッシュで支払うことができる人はそう多くありません。超高級タワーマンションなどを購入する富裕層は別にすると、ほとんどの人は住宅ローンを組んでマイホームを購入します。住宅ローンを組む際には、時間をかけてかなり厳しい審査が実施されますので、支払い能力がない人に対して融資がなされるようなことはありません。しかし、実際にマイホームを購入した後で不測の事態が発生し、住宅ローンを滞納してしまうようになるケースが少なくありません。1〜2ヶ月程度の滞納であれば、支払いを待ってもらえるのが普通ですが、滞納期間が3ヶ月を超えてしまうと雲行きが怪しくなってきます。ですので、住宅ローンを滞納し始めた初期段階のうちに、任意売却専門業者に相談してみることをおすすめします。良い任意売却専門業者を利用すれば、住宅ローンを滞納中の家でも有利な条件で売れる可能性が出てきます。

通常、3ヶ月程度住宅ローンを滞納すると、マイホームが差し押さえられます。金融業者は、マイホーム購入資金の融資を行うのと同時に、必ず第一順位の抵当権を設定します。1〜2ヶ月程度であればまだしも、3ヶ月も住宅ローンを滞納する人は、支払い能力がないとみなされることになります。そこで、まず抵当権に基づく差し押さえ登記がなされ、その後は競売手続きに入っていくのが一般的な流れです。競売を行うだけでも費用がかかりますので、必ず買い手がつくように、かなり安い金額の最低入札価格が決められます。そのため市場価格の半値以下で売られるケースが多いです。でも、そんなに安く売れらてしまうと、債務者はなかなか生活を再建することができなくなってしまいます。ですので、住宅ローンの残債がまだたくさん残っている人は、任意売却専門業者に相談をして、競売ではなく任意売却する方向を目指すのが得策です。

Copyright© 2017 目的に合わせてローンを利用【フリーローンでフリーダム】 All Rights Reserved.